島根のど田舎にあるビリヤード場『ヤング』ビリヤードの話や時々猫ちゃんのネタが中心の店長さんによる徒然なるままな日記です。
昨日の・・・
2007-06-26 Tue 03:57
200706201929000.jpg

山口オープンはとんでもなくだめだめな内容でした。
ここんとこいろいろあって練習量が不足していたせいです。
とりあえず今日からまた練習しなおしてます。
一人撞きはやっぱりいもんでいろいろな発見があります!
うぅ~楽しいなぁ~

画像は先日発見したレトルトカレー。
ついつい興味本位で買ってしまいました。
大昔食べたあの給食のカレーの味が本当に再現されてるのか??
と期待しましたがどちらかというとキャンプで食べたカレーの味でした。

それでもなかなかおいしかったっす
別窓 | プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おじさんが召されました~③
2007-06-23 Sat 05:09
お通夜は出席しませんでしたが次の日の葬儀には出席して来ました。
さすがにこの日はお店のほうも変わってもらい完全に休みました。

親族は午前11時に葬儀会場へ。

到着するとまずいきなり大部屋に通されて、お斎(おとき)という会食が始まりました。
うぅ~こんなものがあるならマック食べてこなけりゃ良かった~と後悔しつつ無理やり口に押し込みました。
亡くなった人の供養と参列者へのお礼をかねて会食するこのお斎をすませることで、故人の供養がまっとうされると考えられているんだそうです。
お弁当の中身は質素、精進料理みたいなかんじであんまりおいしくないです。お坊さんはバクバク食っていたのが印象的でした

さあ!お斎の後はいよいよ葬儀の始まりです。

会場には300人ぐらいの方々が参列してました!!これは多分多い方なんだろうなぁ・・・益田市長もわざわざ来られてました。

おぼうさんのお経を聞いてみんなでお焼香をあげ程なく葬儀も終了。
最後にみんなでお棺にお花を入れてあげました。

みんなそれぞれお棺に花を入れる時に泣きながらお別れの言葉をかけていました。
ここが一番こみ上げてくるシーンでした!!

僕の知らないいろんなおじさんの顔を見たようで、いかに多くの人に慕われていたかもわかりましたね。

300人分の花束で棺おけはあっという間に埋まってしまい顔だけがかろうじてのぞいてる状態に。

そして出棺。

参列者とはここでお別れ。

親族はバスに乗って火葬場へ移動です。

火葬場に着くといよいよ本当に最後のお別れです。

小さな部屋に案内された僕らは棺おけの中のおじさんに最後の焼香を上げました。

僕はお酒が大好きだったのでビールを唇にたくさん付けてあげました。

思い返せば、今回のことでもう死体に手を触れることには何の抵抗もなくなりました。もうべたべた触りまくり状態な数日でしたねぇ。

親族みんながそれぞれお別れを終えるといよいよ棺おけは焼却炉の中に入って行きました。

『あなた!ありがとう~~!!』とおばさんは最後に声をかけていました。夫婦愛です。



1時間半後・・・おじさんは見事なしゃれこうべになって僕らの前に姿を見せました。はっきり言ってもうここまで来ちゃうと涙は出てこないもんです。いやまじで。
あ~~こんなになっちゃったの!?!?!ほげーーー!!
ってかんじ。

みんなでお箸で骨をつまんで骨壷に入れてあげました。

人間ってあっけない!!!!
死んでしまったらこんな小さな入れ物に入っちゃうのか・・・


これにて終了。

最後は初七日もお寺で済ませておじさんは完全に召されてしまいました。


生まれてはじめての人の死から葬儀が終わるまで本当に良い経験させてもらいました。すべてが初めてのことで新鮮でセンセーショナルでした。

死ぬほんの数日前、恐らく体中が激痛だった頃です。
熱があったおじさんの額に娘さんが冷えピタシートを張ってあげようとしたら

『それは・・三角か~~~~~??

と返してきたそうです♪
最後の最後までユーモアを忘れないとは・・・・

なんかかっこいいし、すごいなぁ~。多分このエピソードは一生忘れません。

安らかに眠りたまえ~かっさん!!(おじさんのあだ名)

別窓 | プライベート | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おじさんが召されました~②
2007-06-21 Thu 03:39
のんびり外で昼ごはんを食べて、病室に戻ったころにはいよいよ心拍数が下がってきました。
結局、午後三時頃にまた心拍が0になって、その時にはもう呼吸器も外してもらいました。
先生が死亡時刻を告げるとおばさんが『お世話になりました』と深々と頭を下げてました。
これもテレビのまんまでした。

人に死に目に初めて立ち会いましたけど実は本当に大変なのはここからでした。

すぐに葬儀屋さんがやってきてお通夜と葬儀の段取りに入らなくてはいけません。
まぁそのへんはいとこに任せておいて僕は遺体を拭き拭きするのを手伝ってみました。
こんな経験なかなか出来ません。

看護婦さんに手伝ってもらって遺体の体をきれいに拭いてあげます。
髭もそってあげてくださいと髭剃りを手渡されましたが、髭は生えていたほうがおじさんらしいので断りました。

一通り作業が終わると今度は鼻の中に綿を詰める作業が待ってました!
看護婦さんが鼻の中に綿を入れる入れる!!
そんなに入れるんかい!!!と思うぐらい入れます。
しかも極めつけに割り箸を鼻の穴に突っ込んでぎゅ~~~~ぎゅ~~~!!と綿を押し詰めるんです!!

生きてたら絶対に激痛だし!!!

その後口の中や、なんと!お尻の穴の中にも綿を詰めまくってました。
もうこうなってしまうとおじさんの体はおじさんではなく単なる入れ物のようでした。

人が死ぬってこんなにもあっけないものか・・・・

その後みんなで遺体を自宅まで車で運びました。

布団に寝かせてあげて体の周りにドライアイスを敷き詰めます。
これで体が腐るのを遅らせるのか・・・

ドライアイスに囲まれたおじさんの体はまるで氷のように冷え切っていました。これまた生きていたら冷たくて飛び跳ねちゃうだろうに・・・

けどうんともすんともぴくりとも動きません。あたりまえか・・

おじさんの家は明日の通夜の準備とあさっての葬儀の段取りで大忙し!!
はっきり言って悲しんでる暇はないってレベルですね。

僕はおじさんの昔の写真を見ながら遺影に使う写真を選ぶことに。

結局少し昔の写真だけどお酒を飲んでほろ酔い気分のおじさんの写真をチョイスしました♪

明日は御通夜。
僕はヤングのBC級戦の日なのでお通夜はパス。

それでも葬儀に出るために喪服の準備、数珠の準備、
更には東京や広島から兄弟が帰ってくるので家の掃除、風呂の掃除、お布団の準備にてんてこまい!!


人が死ぬって忙しき事なり~~

続く。
別窓 | プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おじさんが召されました~①
2007-06-20 Wed 04:35
おじさんといってもヤングのおじさんではありませんのであしからず。

親戚のおじさんが亡くなって色々ばたばたしてたんでブログも少しお休み状態でした。
身内に不幸があったのは初めてのことだったんで何もかもが初体験の濃い~日々でした

おじさんが末期の肝臓がんらしいと聞いたのが1週間前ぐらい。
こりゃ大変だ~と思っていたらその3日後の早朝に電話がかかってきて危篤状態だというじゃありませんか。
急いで病室に行ってみるともう自力で呼吸は出来ないようで機械に頼っている状態。
かろうじて心臓だけが動いてるまさに最終局面でした。
話を聞くとこの1日前に入院して家族が夜帰るときには普通に会話も出来ていたのだとか。
それが次の日の朝には意識不明の危篤状態に。

本人は肝臓がんだと告知された後もかたくなに入院だけはしたくないと本当にぎりぎりまで自宅にいたようです。顔なんかは黄色くなっててお腹も胆汁がたまって妊婦さんみたいになってました。
こ・・これが肝臓がんなのか・・・

病室には最期を看取ろうと親族一同が集まってました。
よくテレビで見るような機械がおじさんの心拍数や血圧をリアルタイムで表示してくれており僕らはおじさんの方と機械のモニターを交互に見ながら一喜一憂状態。

僕は何度もおじさんの顔や体を触ってみました。
触ってみて知ったのは死ぬ直前の人間はあんなにも冷たいのか!!ということです!
体温を測ってみたら・・・な・・なんと・・・

4度!

36、4度じゃあないですよ?たったの4度しかないんです。

そうこうするうちに正午ぐらいにおじさんの心拍が徐々に下がっていきました。最初は80ぐらいあったのが・・
50・・

20・・


10・・・

もうこの辺になると機械からはブザー音が鳴り始めます
ブーーブーーブーーブーーー!!


別室から看護婦さんがやってきて
『先生を呼んできますね。。』
と妙に落ち着いた口調で僕らに告げました・・

数秒後先生も到着したときに心拍はいよいよ0に!!

ピーーーーーーーーーーー。。。

機械からこれまたテレビでよく見るあの音が!!

おばさんたちはここで号泣!!

こ・・・これが・・・臨終の瞬間!!!!





とそのとき・・・ピピッ!

あ・・あれ???また心拍数が上がり始めました!!!


5・・・
10・・・・
20・・・・・
40・・・・・・・・


見る見るうちに70台まで復活!!!

『もう少し様子を見ましょう・・』
先生たちもどこかへ行ってしまいました。

親族一同・・流した涙を拭いてもう一度仕切りなおし。


『おじさんがだましたんじゃない?
今頃びっくりしたか~??なーんちゃって~♪て僕らを上から見て笑ってるよ~』
と言ったらみんなも笑ってました。

おじさんは64歳。とてもユニークな人だったのでそれも十分ありえるとみんなが思ったんでしょう。

小康状態になったのでとりあえず昼ごはんを食べに行きました。

どんなときでも人は腹がへる。

生きているってすごいことだと考えさせられました。

続く。
別窓 | プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ムサシ
2007-06-11 Mon 03:22
200706110206000.jpg

日当店常連さんが購入したムサシです!金額はうん十万するんですが
鮮やかな赤い色がかなり素敵です

最近うちの客さんも高いキューを買うようになってきました。
ちなみに僕は今までキューを買いかえたのは2回だけです。

一番最初はヤングのおじさんからもらったステラのキューでした。

このキューででBクラスまでず~と使い続けていきました

そしてその後生まれて初めて自分で買ったキューが・・・・

続く・・・・
別窓 | ヤングの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ビッグG月例会
2007-06-11 Mon 03:14
200706091732000.jpg

先日、山口にあるビッグGさんの試合に一人で参加してきました
ヤングの常連さんが参加するときは僕はお留守番なので基本的に行ける時は誰も常連さんが参加できない時だけです。
つまり行くときは必ず一人ぼっち

車で片道1時間半。がんばって行ってきました~

予選はリーグ戦で一人4試合。
ここは何とか全勝で決勝トーナメントに進んだもののシングル1回戦で9番を飛ばしちゃったりして負けちゃいました。。無念
別窓 | 試合 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
九州オープン♪
2007-06-04 Mon 17:37
200706041734000.jpg

九州オープンに行ってきました
僕の予選会場はみやまさん。台がたくさんある広いお店です。
今回のエントリーは250人?ぐらい。多いなぁ
フォーマットは5先とオープン戦にしてはショートゲーム
僕の試合結果は・・・
1回戦 シード
勝者2回戦 対どこかのアマチュア選手 W-3

勝者3回戦 対大分の柴田清二選手   W-1

勝者最終戦 対山口の小川敬之選手   4-W
最終セットは小川さんも相当きてたんですが運悪く隠れてしまった球に当てることが出来ずにそこから取りきられちゃいました

敗者最終戦 対大分の柴田清二選手   3-W
4-2でリーチをかける8番。
切り返しで9番へきちんと出せたのに肝心の8番を穴カコで残してしまい3-3にされたのが痛恨でした

そんなわけで見事に予選落ちでした。
それでも内容的にはまずまず。ピースカップのときよりは良かったかな??
またがんばり直しっす

そういえば某掲示板で今大会の利川プロのプレーの遅さにクレームが書き込まれてました。僕は予選の時にしか見てなかったけど確かに遅いっす

けど個人的には一球一球球と真剣勝負してる利川プロの気迫が伝わってくるんでみていて全然イライラもしないし見ごたえがあると感じます。
特に試合が終わった後の温泉上がりのように茹で上がったあの顔を見るのが大好きです

確かに早いプレイは必要ですがプロ全員が同じように早くプレイする必要はないと思いますねぇ。
いろんな個性もあるし利川プロのような玄人好みの選手がいるというのも大事なことでしょう~

ちなみに画像は全山陰チャンプ、渋ちゃんのトロフィーです
別窓 | 試合 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
OH!NO~~~!!
2007-06-02 Sat 05:47
200706011857000.jpg


なんと!!先月購入したばかりのバイオが・・・・
ぶっ壊れました~~~!!イエ~~イ!

今回もハードディスクがあっけなく大破!?したらしく全く起動しなくなってしまいました

昨日の夜、フリーズしたので再起動しようとしたんですがそれでもうんともすんとも言わなくなっちゃったんで手動で強制終了したんですが・・そのタイミングが悪かったらしいです

これでこの1ヶ月間で3台のパソコンのHDをぶっ壊したことになります。いったいどんな確率なんだ??普通ありえないし!

早速ベスト電器に電話して展示品の同型パソコンで修復プログラムをDVDに焼いてもらってそれを使って修復をしようと試みることに!

数時間待ってやっと来てくれたベスト電器の店員さん。そのDVDを入れてもうんともすんともいわないパソコンを前にして・・
『これは・・・もうだめですねぇ。どうしようもありません』
ときっぱり。

その間わずか1分!!諦め早っ!

ベスト電器なのに全然ベスト尽くしてないじゃないか~!!

と思わず突っ込んだら

『これが私のベストです』と言い残し、すたすたと帰っちゃいました

NO~!!見捨てないで~~~~!!カ~ムブワァ~~~~クゥゥ



別窓 | ヤングの日常 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| へっぽこ店長の徒然日記 |

ブログ内検索